播州織の生産工程

生産工程図

播州織は、商品企画から染、織、仕上げ加工までを産地内で一貫して行っています。綿の先染織物が多く、生産形態は分業構造となっています。

産元部門

産元写真

主に播州織の企画、販売を行う部門です。

産元から染色、織布、加工などの生産部門に生産を委託します。各セクションと連携し原糸から織物の出荷までを管理しています。また、次シーズンに向けての素材の企画、試織を行い取引先に提案しています。

産元が保存しているサンプルは、その企業と産地の歴史を知る上で貴重な資料であり、商品開発にも重要な役割を果たしています。

テキスタイルデザイン部門

デザイン写真

テキスタイルデザイン部門は、綿先染産地ならではの固有の技術で新商品開発を進めてきましたが、最近ではパソコンで対応する企業が多くなっています。

染色部門

染色写真

播州織の糸染業は、高度な堅牢度堅牢度を誇り、ファッションカラーの創出に伝統技術を駆使して、世界市場の高い評価を得ています。

兵庫県繊維染色工業協同組合では、共同で排水処理を行い、その汚泥の乾燥をして有機肥料化に取り組むなど環境の保全に努めています。

サイジング部門

サイジング写真

縦糸の糊付け工程です。多色一斉サイジングで品質の安定とスピードアップをはかっています。

織布部門

準備センター写真準備センター写真
織布工場写真

先染め織物の特性にあわせ、ドビー、ジャカードなどの多種の織装置で多様な織物を得意とした我が国最大の先染織物産地の生産の軸になる部門です。小規模な企業が多く、装置の多彩さと小回りを生かし、小ロット短納期に対応しています。

平成15年に設立した協同組合播州織準備センターで経通し、あぜとり作業を共同で行っています。

整理加工部門

加工場写真

マーセライズ加工(シルケット加工)、樹脂加工、サンフォライズ加工、しわ、起毛、形態安定、撥水などあらゆる種類の風合いや機能性加工を行っています。

播州織工業協同組合の共同整理加工場は、昭和初期から始まる共同加工場で、国内の産地共同施設としては最大規模です。