歴史

播州織 歴史

  • 染色後に川でさらし

  • 1700年代綿栽培

  • 江戸期機屋組合

  • 明治末期

  • 大正期の染色

  • 昭和初期

江戸時代中期

播州地方で綿花の栽培を開始。1750年頃から、豊富な水資源を活かした糸染めが始まる。

1792年

飛田安兵衛が京都から織機の製造技術を持ち帰ったことで織物の生産が盛んになる。

江戸時代末期

工場制手工業の段階に達し、産地が形成される。明治初期には綿布業者が60~70軒に達した記録がある。

1877年

合成化学染料が輸入され色彩が多様化。1900年には、織機の動力用に石油発動機が導入され近代化が始まる。

1906年

織物品評会で「播州織」の名称が初めて登場する。

1913年

播州鉄道の開通と大戦景気により「播州織」の名が全国に拡がる。
第一次世界大戦後に輸出開始。関東大震災により貿易の中心が横浜から神戸に移ったことで、輸出産地として飛躍。

1920年

兵庫県立工業試験場西脇分場が設置され、染色、加工の技術革新が進む。
1937年には保有織機台数が16,368台に達し黄金時代を築く。

1971年、1985年

2度の円高の節目で輸出不振から内需にシフト。1987年に387,769千平方メートルの生産ピークを迎えた後、1990年代からは廉価な製品輸入に押され生産量が激減。
西脇郷土資料館(1984年)、播州織未来館(1999年)、播州織工房館(2004年)による情報発信を開始。

2000年代

高速自動織機やコンピュータデザインの導入など、短サイクルの需要にこたえる構造改革が進む。

2008年

地域ブランド「播州織」を取得し、産地品質保証の確立と強化を始める。

2016年

「播州織ふるさと名物応援宣言」などの活性化策で行政と連携。デザイナー移住や企業活性化を推進。

  • 播州織
  • 播州針